はじめての不動産担保ローンin東京

不動産担保ローンの融資額を増やす方法は?

サイトマップ

不動産担保ローンの融資額を増やせる秘策はありますか?

担保物件である東京の実家の概要が不明なので詳しくは言えませんが、基本的に融資額のアップとリフォームは無関係です。

概要をお話ししておきます。

◎不動産担保ローンの融資額はリフォームに影響されない。

たとえばごく希に、「不動産担保ローンの融資額を増やすためにリフォームをする」などといった話を聞きます。

しかし、もしもそのリフォーム代金が、不動産担保ローンの融資額に影響を与えなかったとしたら、そちらのほうが大損をすることになります。

結論から言って、東京の担保物件であっても東京ではない地方の物件であっても、リフォームの有無が不動産担保ローンの融資額にプラスの影響を与えることはありません。

◎内装リフォームより耐震補強。

不動産担保ローンで融資を受ける際には、内装のリフォームよりも耐震補強のほうが高く評価されます。

査定にどこまでいい影響をもたらすかは不明ですが、今後もご家族が住み続けていくことを考えると無駄にはなりません。

不要なリフォームをするのであれば、有意義な事柄に目を向けましょう。

東京の場合、木造家屋が多く密集する下町はもちろん、それ以外のエリアでも耐震補強のための支援が自治体から受けられます。

参考…耐震化はお金が…と諦める前に!国や自治体の支援制度3つのポイント | Sumai 日刊住まい

◎「不動産担保ローンを有利にするためのリフォーム」には意味がありません。

行なうのであれば耐震補強がおすすめです。

東京23区、東京都下の町田市や立川市でも自治体の支援(補強工事費用の一部補助)が行なわれています。

最寄りの役所に出向いて相談してみてください。

補強工事の種類も予算や住居の状況に応じて多種あります。

不動産担保ローンに影響する事項に、内装工事の有無は含まれていません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム